Top2008年12月03日 »

最新記事【2008年07月04日】

.

医療保険の選び方は、人気ランキングを参考にする、医療費の安いものを選ぶなど、様々です。 けれど医療保険選びの前に、忘れてはいけないのが公的恩恵です。

普段の医療費は、現在の日本では3割負担になっています。

これは皆さまもご存知のことでしょう。

けれどある一定以上の高額な医療費が発生した場合にも、
公的恩恵を受けることができるのは、案外知られていない事実です。

例えば社会保険の場合ですが、月に払うお金が63000円、+318000円を越える医療費のケースでは、
一般年収の場合なら超過額の1%で済むのです。

従って月々何百万という大金をご自身で自己負担しなくてはならない、
という心配は基本的にはしなくても大丈夫になります。

もちろん厚生省で認可されていない新種治療の場合には、
実費請求される可能性が高いなど、例外はありますが、
それぞれの健康保険組合によって、附加給付は色々決められています。

どんな保険でも、ご自身で請求しない限り保障は出ません。

また、保障ができる期間や、請求できる期間は決まっています。

ややこしい契約書などに目を通すのは面倒ですし、専門用語の連続で理解しにくい面はあります。

けれど実は保障が出るケースを見逃していた、
ということも珍しくなく、それは非常にもったいないことです。

新しい保険商品を追加で契約する前に、
是非一度現在お持ちの保険には、どういった保障が出るのかを、改めて見直してみて下さい。

.

医療保険は、数ある保険の中の1種類です。保険には色々な種類がありますよね。 そもそも保険とは、偶然に起きてしまった事故によって生じてしまう財産上の損失に備える制度で、
同じ目的のもと、複数の人間が金銭を事前に出し合い、
その資金を事故が発生した者に使用するシステムになっています。

医療保険も基本システムは他の保険と共通しています。

出し合う金銭は保険料、事故発生時に給付される金銭は保険金と呼ばれます。

こうした保険契約を結ぶなど、
保険事業を営む会社は保険会社と分類されますが、保険会社は保険業法に規制されます。

保険は古代ローマ時代からの古い歴史を持ち、
日本でも鎌倉時代には類似したシステムが使われていました。

そんな昔から続いているシステムなんですね。

現在、医療保険も含め、保険は様々な観点から分類することができます。

例えば企業が主な保険契約者なら「企業保険」
保険契約者が個人なら「家計保険」
国や地方自治体といった政府による運営なら「公営保険」
運営が民間会社なら「私営保険あるいは民営保険」
また、保険契約者が任意に加入している場合には「任意保険」
と呼ばれ、加入が義務づけられている場合は「強制保険」です。

同じ医療保険でも、その契約によって分類は細かく規定されるというわけです。

基本的に、医療保険とは、医療機関を受診した際に請求される医療費に関して、
その一部や全額を保険者によって給付されるシステムの保険のことです。


.

どの保険会社でも医療保険は基本的に扱っており、同じ会社の中でもたくさんの種類があります。
医療保険にはそれぞれ特徴があり、補償内容も月額も違いますから、あれこれ迷ってしまいますよね。

多くの医療保険の中から、自分にぴったりで満足のいく商品は、どのように見つければいいのでしょう。

保険は他の買い物とは異なり、継続的にお金を払う必要もありますし、
いざという時に非常に大切な存在ですから、洋服を買うように気軽に買うわけにはいきません。

そこで医療保険を選ぶ際、参考になるのがランキングです。
多くの人に購入され、売れている医療保険には、やはりそれぞれの魅力があります。

医療保険で人気の会社を見ていきましょう。

アフラックやメットライフアリコ、オリックス生命や損保ジャパンにチューリッヒといった 有名な会社が上位に並んでいるケースが多いですね。

有名ということは、宣伝を多くしている会社ということで、
確かにテレビなどのメディアでも頻繁に名前が登場しています。

宣伝費にお金をかける会社はよくない、という見方もありますが、
やはり誰も知らないような会社の医療保険には、不安がつきまとうのも確かです。

市場に出回っている医療保険には、確かに怪しいと思われるような商品も多く、
詐欺などの被害に遭われる方もいらっしゃいますから。

その点知名度の高い会社の医療保険は安心、ということでも人気になっているようです。


.

女性の医療保険を購入する際には、ランキングを参考にしてみて下さい。

女性の医療保険は、世間の注目を集めていますので、人気ランキングも多数公表されていますし、
簡単に比較できるようになっています。
医療保険は病気に備える保険のシステムです。

男性と女性、子供と大人ではかかりやすい病気は全然違います。

例えば癌にかかる方も多くいらっしゃいますが、
同じ癌でも女性と男性ではかかりやすい部位も異なってきます。

子宮癌など、女性特有の病気は多くあります。

特に30歳を過ぎると、どんな方でも子宮のトラブルが起こる可能性は高くなり、
定期的な検査が必要と言われます。

そこで女性専用の医療保険の存在が重要になってくるのです。

女性の医療保険を人気ランキングで見てみましょう。

男性と同じくアフラックやメットライフアリコ、オリックス生命や損保ジャパンにチューリッヒといった 有名な会社が上位に並んでいるケースが多いですね。

女性専用の医療保険に関心が高まり、必要性が認められていることもあり、
現在はどこの会社でも女性専用の医療保険を販売しています。

それぞれ特徴が大きく異なりますから、選ぶ際には迷ってしまわれる方も多いと思われます。

女性は買い物にシビアな面がありますから、
そこで保険選びの際にも、人気ランキングは非常に参考になると思われます。

多くの女性に支持される医療保険は、支持されるだけの理由があるのです。

既に基本的な医療保険は持っている・・・という方でも、
女性専用の医療保険は大切ですから、持っていて損はないでしょう。


.

医療保険を比較する時、ポイントがいくつか分かれます。

値段や補償内容が比較する際の主なポイントになりますが、
一番良いのは、会社の方に直接アドバイスを貰うことです。
医療保険は購入する方の条件によっても、メリットデメリットは異なります。
お仕事や家族環境などで、起こりやすい事故も変わってきますし、
もちろん年収や毎月医療保険に対して払える金額も違います。

また、保険は医療保険だけではありません。

保険には何種類もあるので、既に複数の保険に加入している方も多くいらっしゃいます。

そうした複合的に個人の状況から保険は検討しなくてはなりません。

一般的な資料だと、個々の状況に即して検討することが難しい場合もありますので、
保険を購入したり見直す場合には、
そうした状況からお勧めの保険商品を紹介して貰うのが手っ取り早いのです。

どこの会社でも、相談や見積もりは基本的に無料です。

医療保険の会社に何件か相談してみて、
その上で保険商品を購入するのが賢い保険の買い方です。

もちろん、どこの会社でも他社と比較して自社製品を勧めてきますが、
その場で返事はせず、出揃った候補をご自身でもう一度比較検討してみれば、
良い商品がおのずと浮かび上がってくると思われます。

同じ商品でも、個人によって比較するポイントは異なります。

みんなにとって良くても、自分に合うとは限らないのです。

そうした点を踏まえて、医療保険の検討は、慎重に行うようにしましょう。


.

終身医療保険も、数ある保険の中の一種類です。

そもそも保険には、更新型と全期型がありますが、終身医療保険は全期型に分類されます。
更新型と全期型、どちらを選択するかは個人の考えによりますが、
それぞれにメリットデメリットが出てきます。

更新型のデメリットは、例えば「10年満期」の場合、
契約の期間以降続けたい時に、1から入り直すのと同じ条件になってしまうことです。

契約前とは当然契約者であるご自身の契約年齢も上がっていますから、
その分保険料も上がっています。

更に予定利率も見逃してはなりません。

40代を過ぎてから保険料が何倍にもなってしまうことも珍しくないのが更新型ですが、
確かに契約初期は保険料が割安なため、保険会社のスタッフにも勧められやすい商品です。

けれど購入の際、更新後の保険料についても詳しく説明を聞いておかないと、
結果的に高額を支払う可能性も出てきます。

一方全期型は、契約が終了するまで金額に変更がない分、
保険料としては最初は高く感じますが、
トータルで計算した場合には更新型よりも安く済むことも多いのです。

従ってある程度の予算をお持ちであるならば、更新型より全期型がお勧めになります。

その全期型の中で人気なのが終身医療保険と共済です。

共済は安くて特に人気のある保険ですが、
老後のことを考え、終身医療保険に加入する方も多くいらっしゃいますよね。

いずれにしても良い商品を選ぶコツは何点かあります。

まずは入院1日目から保障してくれるかどうかをチェックしましょう。

今までの保険では保障は5日目から出るタイプがメインでしたが、
実際は4日以内に退院できるケースがほとんどです。


.

終身医療保険とは、どういった保険に分類されるのでしょうか。

保険のシステムは複雑で、専門用語も多く出てきます。
あれこれ何種類もの保険を買い過ぎて、実は損していることもありますから、
保険のシステムや種類を見直すことはとても大切です。

とにかく分かりづらいのが保険の特長ですが、
基本的な用語やシステムはきちんと押えておきたいものです。

さて、終身医療保険とは、医療保障が一生涯続くことがまず基本条件になりますが、
なおかつ払い込みは60歳で完了することもできる、という特徴の保険です。

老後の保険料が要らない、ということで人気ですが、保険料は共済と比較しても高めになります。

確かに老後の出費はできるだけ抑えたいものですが、
共済で支払いを安く済ませ、残りを貯金に回す、という手段もあり、
高齢者には公的援助も出ますから、
そこまで高い保険に入る必要はない、という考え方もあります。

終身医療保険に加入するかどうかは、
それぞれの家庭ごとの将来的な収入や支出予測と照らし合わせて決めることになります。

どの保険会社も終身医療保険は扱っていますが、
内容と保険料、解約払戻金の割合は、それぞれ異なってきます。

契約の際には、解約の可能性の有無や、死亡・手術保障、入院保障は何日目から出るのかなど、
実際の保険料だけでなく、総合的に判断しましょう。

保険の中でも終身医療保険は安い買い物ではありませんから、特に慎重になりましょう。


.

医療保険の値下げは世間の関心を集めています。

けれど医療保険が値下げされても、保険は保険料だけで判断してはいけません。
毎月の保険料が安くなるのは、確かに助かります。

けれど本当に必要な保障がされなければ、いざという時に何の意味もなく、
安い保険料も結局は無駄になってしまう可能性があります。

例えば入院保障が出る条件ですが、ほとんどの保険では入院5日目からの保障です。

けれど実際の入院では、4日以内に退院するケースがほとんどで、
現在加入している保険では入院に関する保障が一切出なかった、ということも多くあります。

それでは入院保障の意味がありませんよね。
そもそも保険とは、万が一の事態に備えるものです。

5日以内の入院をする可能性もあるのです。

万が一に備えるのなら、保障が出る条件は、
できるだけ限定されていない方が良いですよね。
保険の約款は専門用語も多く、
枚数も多いので素人が詳細を把握してチェックするのは困難を極めます。



けれど、入院が何日目から保障されるのか、
といった大事なポイントは、必ず抑えておきましょう。

入院は1日目から保障されるのがベストです。

たとえ保険料が5日目保障よりも高くても、結果的に使える保険になるでしょう。

今は医学が進歩し、昔なら治療に時間がかかった病気や怪我でも、
早い完治ができるようになっています。

従って入院日数も減っているのです。

保険料が安いか高いかは、その保障内容によって決まるのです。


.

女性の医療保険に契約する方は増加の傾向にあります。
保険商品を選ぶコツは、例えば入院保障が1日目から出るものを選ぶ、など色々ありますが、
女性の場合でしたら、女性特有の疾病に対する保障が出るかどうかは大切なポイントになります。

子宮筋腫、乳がん、子宮ガンなど、女性しかかからない病気は多く存在します。

こうした女性特有の病気に対しては、
他の病気に対して倍額の保険金が出るタイプのプランなども、最近では多く出回っています。

もちろん、流行っているからといって、
限られたポイントだけに固執し過ぎて契約するのも考えものですが、
実際、婦人病はある程度の年齢を過ぎた女性に無関係ではありません。

30歳を過ぎたら、何の異常がなくても定期健診に行く事は必要です。

自覚症状がなくても、何らかの子宮関係のトラブルを抱えている方は、
非常に多くいらっしゃいます。

万が一異常が発見された場合には、
通院するにしても入院するにしても、きちんと治さなくてはなりません。

お金や時間がかかっても、ちゃんとケアしておかないと、後々大変なことになり、
最悪の場合生命が危機にさらされることもありますから。

そうした事態に安心して不安を取り除くためにも、
女性は女性専用の医療保険に加入しておいて損はないでしょう。

実際に既に女性の医療保険に加入し、保障を受けた方からも、
多く備えておいてよかった、という声が届いています。

将来の不安を取り除くということも、保険契約の大事な意義の1つなのです。


.

女性の医療保険は比較ポイントがいくつかありますが、
やはり女性にとって有利な商品を選びたいものですよね。
女性の医療保険を比較して購入する際には、人気ランキングが参考になります。

現在女性に圧倒的な人気を誇るのが、アフラックの「レディースエヴァーハーフ」です。

女性特定の病気に手厚い医療保険として、多くの人気ランキングで1位を記録しています。

特長として、乳がん、子宮筋腫といった、
女性特定疾病の手厚い保障がまず挙げることができます。

次に満60歳の契約応当日から、月払保険料が契約時の半額になりますが、
保障はそのまま変わらず、ほとんどの病気・怪我の入院・手術の保障が一生涯続きます。

将来保険料が半額になるというのは、大変魅力ですよね。

1回の入院は最高60日までと余裕があり、日帰り入院も保障されます。
そしてプランは3つあり、個人のニーズに合わせて選ぶ事ができます。

必要最低限の保障だけをとりあえず確保しておきたいという方には、入院給付金日額五千円コース
病気や怪我にしっかり備えておきたい、という方は入院給付金日額一万円コース
そして病気や怪我はもちろんのこと、介護に備えた保障も欲しい、という方には
介護保障つきの入院日額一万円コースをお選びいただくことになります。

更に長期入院と通院、充実医療と介護、100万円単位で死亡保障に備えられる終身特約など、
細かいニーズに合わせた特約をプラスすることで、
オリジナルの医療保険プランをつくることができます。


.

医療保険の選び方は様々で、女性の場合と男性の場合では、タイプも異なります。
女性の医療保険なら、女性特有疾病に手厚い保障が出るタイプの商品がお勧めです。

女性だけではなく、保険は契約する方によって、
お勧めのプランが異なりますので比較検討が必要です。

生活環境によって、必要な保険は変わってくるのです。

例えば性別を問わず、独身の方は、入院や事故の保障をメインにしましょう。

社会人の方ですと、就職してすぐに、高額の死亡保障契約を勧められることがあります。

けれど死亡保障契約は、両親などに財産を残す必要がなければ、実はほとんど必要がないのです。

急死した際の葬儀費用はある程度備えておきたいものですが、
多くの人が加入しているからといって、
自分にも必要であるとは限りませんので、注意しましょう。

逆に既婚者の場合なら、その家族に対して当面の生活費などは非常に重要な問題で、
特にどちらかが就業していないケースでは、
子供の養育費なども合わせて、家族のための保障が大事になってきます。

また、家族全員が同じ保険に加入することはお勧めできません。

その会社が万が一倒産した場合など、リスクが非常に高くなってしまいます。

家族はそれぞれ数社に分けて加入する、というのも保険選びのコツです。

夫婦型の保険もよく見掛けますが、配偶者の死亡によって、
契約そのものが消滅してしまう商品があるのも事実です。

配偶者が亡くなった後、以後の保障がなくなってしまったら、
保険料は無駄になってしまいますよね。

各社商品を比較して最も適したものを選びましょう。


.

高額の医療保険に加入する時は、誰でも慎重になります。

そもそも保険のシステムでは、まだ起きていない不測の事態に対して毎月お金を支払うわけですから
特に更新型で何年間も保障が出るような事故や病気に見舞われない時には、
無事で良かったと胸を撫で下ろす反面、何だかがっかりした気持ちになってしまうこともあります。
もちろん、保険は本当は必要にならない方が良いのですが、

どんな方でも死亡保険には加入していますよね。

そしてそうした保険は基本的に高額です。

ただ、慎重になるとは言っても、大抵は保険会社の方の説明をよく聞く、という程度で、
ご自身で保険制度の基本知識から勉強なさる方は少ないのが現状です。

高額であるから、というだけではなく、気軽なプランでも、人生設計を見直す意味でも、
必ずご本人による比較検討と保険の学習は怠らないようにしましょう。

また、案外既に加入済みの保険で、
どういった場合に保障が出るのかを知らない方も多くいらっしゃいます。

例えば保険加入者が亡くなると、残された遺族は遺族年金を受け取ることができます。

例えば大卒で30歳の夫婦なら、厚生年金加入者である夫の死亡の際には、
月に51000円が支払われることになります。

年間にすると結構な額ですよね。

保険はご自身で請求しなければ、保障を受け取ることはできません。

しかも請求できる期間などはあらかじめ決まっていることが多いので、
後から気付いても手遅れ、という場合もあるのです。

新規加入の前に、お手持ちのプランの見直し、ということはとても大事です。


.

アフラックの医療保険は常に人気です。

保険会社は色々な保険商品を出していますが、
アフラックの保険はどの人気ランキングでも常に上位にいると言って良いでしょう。
人気ランキングをそのまま鵜呑みにするのは問題があります。

それぞれの家庭環境や条件によって、良い保険、最適な保険というのは変わってくるからです。

けれどやはり人気ランキングは保険選びの際、参考になります。

多くの方に支持されているのには、理由があるからです。

それでも、人気だけで保険会社を選べない、という方もいらっしゃると思います。

最近は通販システムを使って人件費を削ることで、保険料も随分安くなりました。

共済も一般の保険会社の商品に比べると、とても安価です。

保険商品は色々なタイプが溢れている状況で、
数が多すぎてどのタイプを選べば良いのか分からなくなってしまいますよね。

そこで保険会社を選ぶ1つの目安になる方法を挙げておきます。

それは保険会社の格付けと、ソルベンシーマージン比率をチェックすることです。

ソルベンシーマージン比率の計算式は、(支払余力×2)÷リスク額×100です。

この計算式で出された数値の最低ラインは200%で、
700%以上の数値が理想的だと認識されています。

保険会社の判断する見極め方も多くあり、この方法もその1つに過ぎませんが、
会社や商品を色々な角度から検討することはとても大事です。

保険選びに迷った時には、是非参考にしてみて下さい。


.

医療保険制度の知識は、最低限勉強しておきましょう。

医療保険制度の知識がある程度ないと、
保険商品だけを説明されても比較検討が充分にできません。

中には、入ってはいけないと思われるような医療保険も目につきます。

資料を請求したり、相談した保険会社の方の説明をそのまま受け取って契約をしてしまうと、
何十年も経ってから結果的に高額であった、もっと良いプランがあった、
などと後悔する可能性も出てきます。

保険と言っても商品ですから、販売員である保険会社の方は、
デメリットは上手に伏せて説明することもあります。

販売員も営業ですから、やはり高額商品に入ってもらえれば成績が上がります。

良心的な販売員の方なら、
「生活を切り詰めてまで高額な保険に入ってはいけませんよ」
とアドバイスをしてくれるかもしれませんが・・・。

そうした際も、ご自身に医療保険制度の知識があれば、冷静に見比べることができます。

逆に専門用語やシステムの知識がないと、言いなりになってしまうこともありますよね。

無駄な出費を抑えるためにも、
契約前にはご自身で基本的な勉強はしておかなくてはなりません。

例えば死亡保障額ですが、何千万円という大金を掛けている方も珍しくはありません。

一般的にその金額が妥当だという認識があり、保険会社の方も、
「みなさまそのぐらいは掛けておられます」などと口にします。

けれどその根拠と言えば、非常に曖昧なのが事実です。

保険料を抑えて貯金に回すだけで充分、というケースもあります。

保険を考える時には、保険だけではなく、人生をトータルで考えなくてはならないのです。


.

医療保険制度は複雑で、多くの保険会社から何種類もの保険商品が出ていることもあり、
素人にはきちんと理解することが難しい面があります。
そもそも保険は入らなくても入っても良いという選択の自由もあります。

医療保険制度の仕組みがよく理解できなくても、
何となく保険は入らなくてはいけないもの、というイメージで加入している方も、
実際は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも保険は必ず加入しなくてはならないものなのか、
というテーマですが、契約の必要が無い方も確かにいることは事実です。

例えば自分の死後、所有するお金を誰かに残す必要が全くなかったり、
残したいという気持ちが無い場合と、
事故や病気で入院・通院した場合にかかる医療を賄うのに、充分な貯蓄がない場合です。

毎月の保険料の額は僅かでも、長い年月で計算してみると、
月日を重ねるごとに保険料は相当な金額になってしまいます。

保険料を支払っている間、何の病気も怪我もしなければ、
その金額の分だけ損をしている、という見方もできるのです。

もちろん、未来派予測できません。

何の病気にかかるか、どんな怪我をするかは分かりませんから、
そうした病気と怪我による不安に対する安心料と捉えることもできます。

実際に病気や怪我を負った際、
保険に加入していないと高い金額を支払うことになりますから。

どんな保険に加入するにしても、
こうした医療保険制度の基本は一度冷静になって考えておきましょう。

何故、保険に入る必要があるのか、という問題です。

保険に入る目的がはっきりすれば、保険商品も選びやすくなりますし、
保険だけではなく、生活全般の見直しもできるようになります。


医療保険ランキング・比較で答えが分かる!一番頼れる医療保険教えます

医療保険を考えよう!無料で医療保険のプランを資料請求しませんか?様々な医療保険の中には、がん保険や傷害保険、女性専用の医療保険と、数多くあります!ランキング形式で一つ一つわかりやすく紹介しています!